骨粗鬆症の診断と治療|高円寺駅徒歩2分にある整形外科

高円寺整形外科

お問い合わせはこちら

0353773291

骨粗鬆症の診断と治療

骨粗鬆症とは

骨密度の低下または骨質の劣化により骨強度が低下し、骨折しやすくなる疾患あるいはその状態のことを言います。

骨粗鬆症になりますと、 背中や腰が曲がる・ 身長が縮んでくる・ 腰や背中が痛むといった症状を訴えることが多く、腰痛があるため受診してはじめて骨粗鬆症がわかるという場合も少なくありません。

骨粗鬆症では、その84%で腰や背中に何らかの痛みがあります(高円寺整形外科 2012年調査)。腰痛があると日常の動作(ADL)に影響を及ぼし、その結果、骨や筋肉がさらに弱くなることにつながり、それが原因で新たな脊椎椎体圧迫骨折を起こし、また新たな痛みが引き起こされます。

このように骨粗鬆症による腰痛は悪循環を起こし、生活の質(QOL)が低下してしまいます。 それだけではなく、痛みが続くと不安な気持ちから気分が落ち込み、意欲が低下することもあります。腰痛を自覚したら、医療機関を受診して適切な診断のもとで治療を受けることが望ましいと考えます。

特に骨粗鬆症による腰痛の場合、自覚症状のないまま骨がもろくなってしまい、「いつの間にか骨折」を起こしていたりすることもあります。女性の場合は、閉経後に一度はキチンと骨密度を測定し、簡単な血液検査で骨代謝状態の把握をすることをお勧めします。

骨粗鬆症の診断

当院ではDXA法(二重エックス線吸収測定法)により骨密度の測定を行い、その他必要に応じてレントゲン撮影、血液検査により骨粗鬆症の診断を行います。

骨密度測定は臥床した状態で行いますが、痛みもなく10分程度で終了し、結果もすぐにわかります。

DXA法による測定では被ばく量も微少であり、正確な骨密度の測定が可能です。

骨粗鬆症の治療

当院では現在、約400名の方が骨粗鬆症の治療を行っています。

個人個人の病態に応じた、最新で最適なオーダーメイドともいえる医療を実現しております。

院長の学会参加の様子

2012年9月27日 「第14回日本骨粗鬆症学会」
演題:「週1回投与テリパラチドの有用性について-除痛効果とADLの改善を中心として-」

上記学会以外にも全国各地で講演会等を行い、骨粗鬆症の最新の治療情報提供と普及に努めています。

★当院では治験にも積極的に取り組んでおります。ご興味のある方はお問い合わせください。

ページトップへ戻る